【ストアセキュリティ部門】自鳴タグの仕様変更について – タカヤ株式会社

このたび、商品の改善を目的として、下記の通り、表面加工の仕様の一部を変更させていただくこととなりました。

具体的には、以下、2点となります。

1)シール貼付用のシボなし領域の追加
自鳴タグの表面がシボ加工されていることにより、シールを貼付する際に、十分な接着効果が得られないことがありました。
このため、表面の一部を「鏡面仕上げ」とすることでシールを貼りやすくしました。

2)ラップ使用時の食いつき改善
貼付け式自鳴タグにおいては、製品の角部分も合わせて鏡面仕上げとすることで、商品への取り付け時に利用いただいているラップの食いつきが改善されました。

なお、本仕様変更による型式などの変更はございません。