本ツールを実行することで、リーダライタのファームウェアをバージョンアップすることが可能です。
既設のリーダライタに新機能を追加する場合など、本ツールをご利用ください。

<注意>

  • 本ツールを使用したバージョンアップ作業は、ファームウェアVer1.30以上のリーダライタのみが対象となります。
    Ver1.30未満の個体については本ツールをご使用になれませんのでご注意ください。
    (ただし、TR3-C202、TR3XM、TR3XシリーズはVer1.00以上で本ツールを使うことができます。)
  • 機種により使用するツールが異なります。下記表から適切なツールを選択してご使用ください。
  • バージョンアップ作業に失敗すると、リーダライタが正常に起動しなくなる場合があります。
    修復させるためには当社にセンドバック頂く必要があり、有償修理対応となります。
    予めドキュメントをよく読んでから作業を行ってください。
分類 IF リーダライタ型番 ダウンロードページ
基板モジュール RS232C/USB TR3-C201
(TR3-IF-1C、TR3-IF-U1との組合せ)
C201/シリアル
TR3-C202
TR3-C202-A0-1
TR3-C202-A0-8
(TR3-IF-1C、TR3-IF-U1/U1Aとの組合せ)
C202/シリアル
LAN TR3-C201
(TR3-IF-N1との組合せ)
C201/LAN
TR3-C202
TR3-C202-A0-1
TR3-C202-A0-8
(TR3-IF-N1との組合せ)
C202/LAN
ショートレンジ
定置式
RS232C/USB TR3-D002B
TR3-U002B
TR3-D002B-C
TR3-U002B-C
TR3-D002C-8
TR3-U002C-8
ショート/シリアル
TR3XM-SD01
TR3XM-SU01
TR3XM-SD01-C
TR3XM-SU01-C
TR3XM/シリアル
LAN TR3-N001B
TR3-N001E(B)
TR3-N001E(B)-C
TR3-N001C-8
ショート/LAN
TR3XM-SN01 TR3XM/LAN
TR3XM-SN02
TR3XM-SN02-C
TR3XM-SN02/LAN
ミドルレンジ
定置式
RS232C/USB TR3-MD001E-L/S
TR3-MU001E-L/S
TR3-MD001C-8
TR3-MU001C-8
ミドル/シリアル
TR3X-MD01
TR3X-MU01
TR3X-MD01-8
TR3X-MU01-8
TR3X/ミドル/シリアル
LAN TR3-MN001E-L/S
TR3-MN001C-8
ミドル/LAN
TR3X-MN01
TR3X-MN01-8
TR3X/ミドル/LAN
ロングレンジ
定置式
RS232C TR3-LD003C-L/S
TR3-LD003D-4
TR3-LD003D-8
TR3-LD003GW4LM-L
ロング/シリアル
TR3-LD003GW4P GW4P/シリアル
TR3X-LDU01/TR3X-LDUN01-4 TR3X/ロング/シリアル
LAN TR3-LN003D-L
TR3-LN003D-8
TR3-LN003GW4LM-L
ロング/LAN
TR3X-LN01 TR3X/ロング/LAN
Bluetoothタイプ Bluetooth TR3XM-SB01 ツールは準備していません
基板モジュールのバージョンアップを行う場合、タカヤ製IF基板と接続し、 Windowsを搭載したPCに接続する必要があります。
装置に組み込まれている場合、装置のCPUボード経由ではバージョンアップすることができませんので、ご注意ください。
TR3XM-SB01・TR3-CF002のツールは準備しておりません。
バージョンアップが必要な場合、センドバックの有償対応となります。