IMG_3880
ソリューション事業部
システムエンジニア
大西 一二三

_DSF2628

A.アプリケーション開発ツールの製品サポート業務を担当しています。お客様からの製品に関する技術的な質問や問題にお応えし、それが製品の問題である場合は製品販売元のサポート、開発チームと連携を取りながら問題を解決します。ワールドワイドな製品のため、アプリケーション開発ツールの英語から日本語へのローカライズ作業も行っています。
A.お客様からの問合せにお応えして、問題が解決されたときは毎回嬉しいです。すぐには解決できないような問題を解決するために、お客様と何度もやり取りをすることがあります。長いやり取りのあとにお客様から「解決しました。」とご連絡を頂くと、思わず両手を挙げ「やったー!」と叫んでしまいます。また、海外の方と交流することで、少しですが日本以外の文化に触れることができる楽しさがあります。その地方のお祭りやお休みなどを知ることができました。海外では普通のやり取りだと思いますが、ビジネスのメールで「Have a nice day!」や「Merry Christmas and Happy New Year!」と書かれてあると、仕事中ですが少し温かい気持ちになります。
A. ソリューション事業部では、性別、年齢に関係なく自分のスキルを生かして仕事することができ、たくさんの女性が活躍していたからです。私は、結婚、出産しても一生働ける職場を探していました。タカヤでは、結婚、出産後もバリバリと仕事をされている女性が多いので、そんなタカヤで一生お世話になろうと決めました。私も数年前に結婚、出産し、産前産後休暇、育児休業を取得して復帰後の現在も結婚、出産前と変わらず仕事をさせて頂いています。女性が働きやすい職場だと思います。
A. 気軽に質問できたり、男性・女性、先輩・後輩関係なく意見をぶつけ合える職場です。システム系の職場はパソコンに向かって黙々と作業をすると想像されるかもしれませんが、お客様とのやり取りやチームでの作業にはコミュニケーションが必要です。メンバー同士、コミュニケーションを大切にしていて、時には冗談を言い合って笑うこともあります。
A. 質の良いサポートを提供することです。そのためには、お客様の問合せ文章から状況を想像する力、お客様が問題としていることは何かを捉える力、明確なコミュニケーション能力、お客様の環境は様々なため、それぞれの環境に対しての深い知識が必要になります。日々進化していく技術にアンテナを張り巡らし、情報を正確に捉え、より多くの知識や情報を得ようと心がけています。
フラダンスのイベントに参加したり、家族で出掛けたり、友人と会ったりしています。まだ娘が小さいので出掛けることが多いです。フラダンスのイベントは、月に1度程度参加しています。先日もふくやま踊りばらの会のステージに立たせて頂きました。最近は娘もフラダンスを始めたので、イベントステージで親子共演出来るようになって幸せです。
oonishi123

IMG_3898