_DSF2968
産業機器事業本部
設計開発職
藤本 昌平

A.プリント基板検査装置の新機能の検証に必要な電気部品の設計を行っています。どのような方法で実験を行えば機能開発のために必要なデータを取得できるか、その方法を実行するにはどのような部品が必要かを選定しています。例えば電源の供給や様々な信号を送るためのケーブルですが、機械の稼動による耐久は問題ないか、基板と接続するためのコネクタはケーブルの太さに対して適切であるかなど、各仕様を満たすため十分であるかを考え、設計する仕事です。
A.設計を行った部品を試作し、実際に動いた瞬間が嬉しいです。思ったように動作せず、設計の見直しで試行錯誤を重ねるなど、大変なこともありますが、最後に仕様を満たすものが完成したときの達成感は設計の仕事でなければ感じることはできないと思います。また、実験の繰り返しや得たデータを解析することで現在の設計における改善点の発見もあり、今の設計から常に品質向上を図るやりがいもあります。
A. 多くのことに挑戦し成長できるところです。入社してから1年が経とうとしていますが、ケーブルの設計・製作や試作した基板の動作確認を行い、その中でどうすればミスを減らし作業効率が良くなるかを考え、先輩や上司へ提案をして実行に移して改善を行う。思うようにいかず効率の向上を計れないこともありましたが、それも経験として現在の仕事に反映し成長を実感することができ、非常に良かったと思います。

A. 些細なことでも相談しやすく話しやすい職場です。私は名前を覚えるのがあまり得意ではなく、何度か失礼な対応になってしまったことがありましたが、そのような場合でも優しく教えていただき、すぐ名前を覚えていくことができました。仕事の内容でも、どうしても分からないことがあればすぐに聞くことで解消し、スムーズに作業を行うことができて居心地の良い職場です。
A. 仕事上の連絡などで用いる資料の作成方法やはんだ付けのような試作部品製作の作業に必要な技術を学びました。特にはんだ付けは学校でもしていたため初めてではなかったのですが、A4用紙ぐらいの大きさの基板1枚の部品全てという量は初めてでかなり苦戦しました。その作業の中でどの順番ではんだ付けをすれば、他の部品が邪魔にならずより早く実装できるかなど工夫点を考えさせられ、単調作業ほど細かい気配りが重要であるということが身に染みました。

IMG_4004