_DSF2396
RF事業部
設計開発職
貝畑 慶太

IMG_3318

A.RF事業部に所属し、Store Securityの開発を行っています。開発では主に回路設計、基板設計、性能評価を行います。まずは試作品を作るので、作りたいものの仕様を検討し、その仕様を満たす回路設計を行います。その際、仕様する部品を選定しコスト計算も行います。回路設計が終わると次に電子CADを用いて回路図に沿って基板設計を行います。できあがった試作基板に半田付けし、完成したら仕様通りに動作するかどうかの性能評価をして、生産部門へ引き渡します。
A.開発という仕事は「ものをつくる」という実感を一番味わえる仕事だと思います。大変なことも多くありますが、その分、自分が携わった製品が完成したときには何とも言えない達成感を得ることができます。その達成感が次の開発へのモチベーションにつながっています。
A. 小さい頃から、モノを作ることが好きだったので実際に創造してそれをカタチにできる開発職に就きたいと思っていました。そして、生まれ育った地元に貢献したいという思いもあり、地元企業への就職を決めました。何社か受けていく中で、自分にとって一番親近感がわいたのがタカヤでした。会社説明会では、いろいろな部署の先輩方とお話しをさせてただく機会があったのですが、どの先輩方も笑顔で生き生きしている姿がとても印象的でした。
ここなら私もやりがいをもって仕事ができると思い、タカヤを選びました。
A. 先輩方はみんな優しく、わからないことがあると、やさしく丁寧にわかるまで教えていただけます。また、業務以外でも接することも多く、RF事業部では定期的に飲み会やゴルフコンペを行ってコミュニケーションをとっています。このコミュニケーションのおかげで、仕事も円滑に行えています。
A. 開発業務のなかで一番時間をかけておこなうことが「性能評価」です。
実際に市場に出す製品の「性能が担保されているか」、「品質に問題がないか」などの確認をする業務です。もし確認漏れがあった場合、実際に困るのはエンドユーザーの方なので、「性能評価」は徹底して行います。長く安全に使える製品をエンドユーザーの方に届けるのも開発の大きな役目です。
IMG_3815