_DSF2469
RF事業部
設計開発職
石原 将裕

A. RF事業部 開発課でストアセキュリティ製品(以下SS製品)のファームウェア・アプリケーションの設計・開発をしています。SS製品とはお店の出口に設置されているゲートや商品につけられたタグ等のことです。そんなSS製品およびそれらに付随する製品の制御を行うソフトを作っており、タグを解除するための機器やタグの音を認識するシステムなどもあります。
A. ソフトを作成するうえでやりがいを感じることは、仕様通りのものにするために、どのように作ればいいかを考えることです。次に、思った通りに動くものができたら、それをさらに良いものにしていこうと考えることです。
このように課題を解決すること、より良いものを作ろうとすることにやりがいを感じます。
A. 組み込み機器のソフトウェアの仕事に興味を持っていたので志望しました。なかでもRF事業の製品の説明を受け、これを動かしてみたいという気持ちができ、タカヤを選びました。今では自分の作ったソフトウェア製品が販売されたこともあり、タカヤ選んで良かったと改めて思います。
A. 私の所属部署は、友好的で意見も言いやすい雰囲気で、先輩方とも話がしやすい環境があります。また休憩時間には私の趣味の将棋がコミュニケーションツールとなっています。
A. とあるソフトウェアの修正を行っているときに、通常の動作には影響を与えない信号をみつけました。それをテスト用の信号だと勘違いしてしまい、処理を消した状態で出しましたが、実はその信号は量産時に使うものでした。その結果、生産が2~3日止まってしまいました。自分でわからないことは、必ず誰かに相談するということを肝に銘じました。
A. 私は広島カープのファンです。シーズン中は主にテレビで野球観戦をしていますが、年に5~6回は広島の球場へ観戦しに行きます。球場観戦での勝率は年によってまちまちですが、毎年とても楽しみにしています。またドライブが趣味で、車で遠くへ出かけることもあります。目的地は道の駅などに設定することが多いのですが、知らない道を気ままに走ることも新鮮味があり良い気分転換になります。
IMG_3862