IMG_3363
RF事業部
設計開発職
三宅 広大

A.RF事業部の自社製品である13.56MHz帯のRFID製品とOEM製品(※)の開発を担当しています。開発の進捗状況に応じて、試作から量産までの過程で、「回路設計」「基板設計」「基板実装」「基板評価」等のエレキ設計業務を行っています。                           

※他社より依頼を受けて開発する製品

A.1つの製品を作り上げるということはとても大変なことで、苦労も多いですが、その分、課題を克服して無事に製品化に至ったときの達成感は言葉では言い表せないものがあり、この仕事の大きなやりがいになっています。
A. 元々モノづくりに興味があり、タカヤの会社説明会に参加しました。そこで、当時はまだ新しい技術であったRFID製品を見ることができ、その技術力の凄さに驚かされ、是非、私も開発に携わってみたいと考え、タカヤを選びました。タカヤは大企業ではありませんが、それ故に、少人数での設計・開発となりますので、自分の考え、アイデアが製品に大きく結びつきます。そのため、「作りたい物が作れる!」ため、開発業務に非常にやりごたえがあり、タカヤを選んで良かったと実感しています。
A. 社員の平均年齢が若いということもあり、非常に活気に溢れた職場です。そのため、休憩時間には、先輩後輩問わず、雑談したり、何故かブームの将棋をしたり、和気藹々と過ごしています。プライベートでは、上司とゴルフに行ったり、他部署の方々とボーリングに行ったりと、年齢や部署を超えた繋がりがあるのも魅力の1つだと思います。
A. 開発業務において、複数の案件を一度に進めていく必要があるため、いかに効率良く作業を進めるかを常に心がけています。具体的な取り組みとしては、毎朝、担当している開発の全体スケジュールをチェックし、その日に行う仕事を整理してから業務に取り掛かるようにしています。
最近は、主に3歳になる長女の遊び相手をしています。自分が子供の頃がどうだったか覚えていませんが…、女の子とは思えないくらい元気があるので、公園で遊んでいると、自分の体力の衰えにひしひしと危機感を感じています。また、たまには息抜きということで、ゴルフや飲み会に行くこともあり、そのときには全力で羽を伸ばして遊んでいます!

IMG_3820