INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 新規ラインで新しい製品を作るとき、各設備が問題なく動き、良品の製品ができたとき、自分の成長を実感します。

生産技術職
高橋 克明

新規ラインで新しい製品を作るとき、各設備が問題なく動き、良品の製品ができたとき、自分の成長を実感します。

現在の仕事内容を教えてください。
設備の保守・保全、基板検査機の検査データやはんだ付け装置のプログラム作成、身の回りの環境整備をメインに行っています。最近では、新しく導入されたラインの管理も任せてもらっています。
仕事のやりがいを教えてください。
新規ラインで新しい製品を作るときです。基板を見て設備をどう動かすか、どのようにはんだ付けをさせればきれいにできるかなど、考えながらプログラムを作ります。その結果、各設備が問題なく動き、1枚目から良品の製品ができたとき、自分の成長の実感とともに、やりがいを感じました。
タカヤを選んだ理由・タカヤを選んでよかったと感じた事があれば教えてください。
就職活動中、自分が1番重視していたことは「人間関係」でした。そこの会社に入ってみないと分からない難しい項目ですが、総務の方々の雰囲気がどこよりも良く、そこに惹かれて選びました。実際、入社してみて、部署等関係なく仕事の相談やプライベートな話など気軽にできるので、自分の重視していたことが叶った点で良かったと感じています。
社内の雰囲気はどうですか?
いい意味で自由にできる環境だと思います。生産なので、ぴりついた感じがあるのかなと初めは思っていました。しかし、そんな重たい雰囲気はなく、仕事と休憩のメリハリがきちんとあるので、仕事がしやすい環境にあります。また、先ほど言ってしまいましたが、部署関係なく気軽に会話、相談ができるので風通しが良くいい雰囲気ではないかなと個人的に思います。
仕事をする上で気をつけていること、心がけていることを教えてください
多くの人とコミュニケーションをとるように心がけています。それによって部署内だけでは聞けない情報や対策方法など色々聞くことができ、自分がいいなと思うことを真似することができるので、何かをするときのスタートを早くすることができます。そこから自分なりに考え、アレンジを加え、無駄な時間がないように仕事をすることにつなげています。
入社後、現場に配属されてどんな教育を受けましたか?
生産ということでまず製品をはじめの工程に入れるところから、最後の出荷までの流れを学び、実際にその工程に入り作業を行いました。そこから基板検査機のデータを作るためにメーカーのトレーニングを受けたり、フロアにある設備のメンテナンス方法などを学びました。手厚くサポートをしていただけたので、すぐに身に着けることができたと思っています。
休日の過ごし方を教えてください
休日に1人で部屋にいるのが好きではないので、基本的に外に出ています。体を動かすことが好きなので、友人と野球をしたり、マイナーなスポーツに挑戦してみたり、、、学生のころと比べて平日にプライベートな時間がとりにくくなった分、休日は自分がしたいことをして満足できるように思いっきり羽を伸ばしています。
閉じる

ENTRY

新卒採用

マイナビ2022

キャリア採用

応募フォーム