INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 壁を乗り越えて、一つの製品が形になる。その喜びが原動力です。

設計開発職
宮内 大地

壁を乗り越えて、一つの製品が形になる。その喜びが原動力です。

現在の仕事内容を教えてください。
RF事業部に所属しており、RFID(Radio Frequency IDentifier)製品を開発しています。主に、134.2kHz帯のRFID製品の開発を担当しており、回路設計、基板設計、性能評価などのエレキ設計業務を行っています。
仕事のやりがいを教えてください。
開発をしていくうえで、失敗や性能がでないことが多々あります。そういった壁を乗り越えて、一つの製品が形になった時には、すごい嬉しかったのを覚えています。大変なことの方が多いですが、その時の気持ちが原動力になっています。
タカヤを選んだ理由・タカヤを選んでよかったと感じた事があれば教えてください。
小さい頃から「ものづくり」に興味があり、就活するならものづくりのできる開発職に就きたいと考えていました。タカヤの会社説明会に参加した時に、井原にいながら世界トップシェア、日本トップシェアの製品を開発している技術力の高さに驚きました。また、繊維業から始まった会社が、今では電子機器製品の製造・販売を行っており、新しいことに挑戦する姿が自身と重なって、タカヤで働きたいと考えました。私が期待していた「ものづくり」を実際に出来たこと、先輩方の接しやすさが選んで良かったと感じています。
社内の雰囲気はどうですか?
会社説明会でも先輩社員が仲良さそうにしているのを見て、雰囲気が良さそうと感じていました。実際に入社すると、思った以上に先輩社員が優しく、接しやすい環境でした。休憩時間には趣味の話で盛り上がったり、休みの日には一緒に遊びに出かけたり、人間関係はとても良好です。
仕事をする上で気をつけていること、心がけていることを教えてください
ミスを無くすことを心がけています。まだまだ同じようなミスをしてしまうことが多々あります。時間やお金の無駄になるので、チェックリスト等を活用し、ミスを無くすよう意識しながら業務に取り組んでいます。
入社後、現場に配属されてどんな教育を受けましたか?
最初の数ヶ月は参考書を読みながら、ソフトウェアの基礎を勉強しました。その後、実務を通して開発業務を学び(OJT)、セミナーを受けに行くなど、手厚いサポートにより早く仕事に慣れることが出来ました。
休日はどのように過ごしていますか?
サッカー観戦が趣味で、地元のチームの試合がある日には、スタジアムに応援しに行ったり、テレビの前で応援したりと、全試合欠かさず観戦しています。アウェイの試合を観に行った時には、その土地のグルメや観光地を回るのも楽しみの一つです。
閉じる

ENTRY

新卒採用

マイナビ2022

キャリア採用

応募フォーム