INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. マイナーな業界で世界一売れている技術を持っている、それが魅力です。

設計開発職
岡本 佑太

マイナーな業界で世界一売れている技術を持っている、それが魅力です。

現在の仕事内容を教えてください。
外部から依頼または市場調査の上で商品化できそうな、APTシリーズのオプション・治具類の設計・試作検討が多いです。
また、最近はマイナーチェンジ機種の試作・試験を行っています。
仕事のやりがいを教えてください。
オプション・治具問わず一つの製品が完成した時が一番やりがいを感じます。
自分の手で製品を作り上げた時の実感は他の何にも代えがたいものがあります。
タカヤを選んだ理由・タカヤを選んでよかったと感じた事があれば教えてください。
非常にマイナーな業界で、世界一売れている技術を持っている点が非常に魅力的に感じたため。自分もその一員となり、働いてみたいと思えたので、タカヤを選びました。互いの連携がとりやすい点がタカヤで仕事をしていてよかった点に感じます。
APTシリーズを構成する技術的な要素(メカ・電気・ソフト)は一つでも欠けたら成り立ちません。社員同士で一つの事柄に協力して当たるのは、モチベーションアップにもつながります。
社内の雰囲気はどうですか?
仕事をしやすい雰囲気だと感じています。
他の人とは適度な距離が空いているので、自分の仕事に集中でき、相談事などでもすぐに相手のところに行けるからです。
仕事をする上で気をつけていること、心がけていることを教えてください
自分で調査・検討できるところと他の人に相談・協力が必要になるところを見落とさないことです。仕事を進めるなかで、いかに自分の知識を蓄えられるかを考えています。
入社後、現場に配属されてどんな教育を受けましたか?
ソフトウェア寄りの学部出身でしたので、ハードウェアの基礎的な知識や部品・工具の使い方についてなどの本当に基礎的なところから教育を受けました。
休日はどのように過ごしていますか?
最近、ボーリングにはまっていて、会社の方とボーリングに行くことが多いです。
家にいるときは、学生時代の友人とリモート飲み会(自分は弱くて飲めない)をしていることが多いです。
閉じる

ENTRY

新卒採用

マイナビ2022

キャリア採用

応募フォーム